電車では座るより立つが安全 日常生活のリスクを徹底解説

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの専門家会議が「1、2週間が瀬戸際」と語ってから、9日で2週間を迎えた。安倍首相が大規模イベントの自粛を要請してから、11日で2週間だ。それでも感染者は増え続けていて、新型コロナパニックは激しさを増すばかりだ。改めて対策を探る――。

 ◇  ◇  ◇

【Q1】手洗いはやっぱり必要?

「とても必要です。新型コロナウイルスの膜は脂質性で、せっけんなどでよく洗えば破壊できます。消毒より、まずは手洗いを徹底することです」(東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏=感染免疫学)

【Q2】アルコール系と塩素系の消毒はどちらがベターで、いつやる?

「アルコール系です。消毒の目的は、接触感染の予防。サラリーマンなら、通勤で手すりやつり革、エレベーターのボタンなどに触れるのがリスク。出社したときや帰宅したときで、子供ならオモチャや公園の遊具で遊んだ後が重要です。ただし、アルコールは揮発性が高く、消毒効果は1時間を超えると薄れます。『一度やったから安心』ではなく、接触したらこまめにやらないと意味がありません」(藤田氏)

 手洗い後は、ペーパータオルなどで乾かしてから消毒だ。

【Q3】消毒用アルコールが品切れ。塩素系でいい?

 台所用漂白剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムを0・1%の濃度に薄めれば代用できる。ただし、手指に使うと肌が荒れる。〈Q10〉のような室内やモノの消毒に限る。

【Q4】休校中の息子を遊ばせるにはどこがいい?

「飛沫感染のリスクが増すのは、閉鎖された密閉空間。その点でいうと、屋内の遊戯施設より屋外の公園の方が飛沫感染リスクは低い」(藤田氏)

 屋外遊びで大きいのは、遊具などによる接触感染リスク。帰宅したら手洗いと消毒だ。自宅で友人と集まるなら、なるべく少人数で換気を。

【Q5】帰宅後は洗顔もいいって本当?

「本当です。目の周りに付着したウイルスが、指で目をこすったりして目に入ると感染します。順番としては、手洗いをしてから顔を洗うといい」(藤田氏)

【Q6】香港では人から犬への感染が確認された。犬をハグしたり、散歩したりするのは?

「ハグは、感染者でなければ、問題ありません。家の周りの散歩もこれまで通りでいいでしょう」(獣医師・嘉数孝一氏)

【Q7】犬と猫を飼っている。分けて飼うべきか?

「コロナウイルスは人間のほか犬や猫、牛、豚、馬などそれぞれの種に固有のウイルスがいます。従来の考え方では、種を飛び越えて感染することはないとされましたが、香港の犬は高齢で人間でいえば80歳前後。免疫状態が悪いがゆえ、常識的には起こりえない感染症を発症したと考えるのが妥当でしょう。従来の考え方に沿って、これまで通りの飼い方でいいと思います」(嘉数氏)

 それぞれの種に固有の従来型コロナ感染症を発症しても、下痢程度で命を左右することはないという。

【Q8】電車やバスで座るのと立つのとでは、どちらが安全?

 座っていると、立っている人の咳やくしゃみで飛沫が降り注ぐ。ウイルスが衣服や髪に付着するだけなら問題ないが、ポケットに手を入れたり、上着を脱いだりしてウイルスに触れると、接触感染のリスクがある。どちらかといえば立っている方がリスクは少ないが、手すりやつり革に触れずにいるのは難しい。

【Q9】コートに付着したウイルスは……?

「コートを丸洗いできれば、洗剤に含まれる界面活性剤が新型コロナの膜を破るので、危険性はなくなりますが、毎日洗うわけにもいきません。除菌消臭スプレーを吹きかければ、ある程度はウイルスを除去できます」(藤田氏)

 職場と自宅にスプレーを用意し、スーツやスラックスはこまめにシュッシュ。ワイシャツなどは毎日、洗うことだ。

【Q10】室内の消毒はどこをやればいい?

 感染者との家族内感染も相次いでいる。その予防に大切なのが、マスクなどの飛沫感染対策とともに室内の消毒だ。

「家族に風邪などの症状が出たら、ドアノブやトイレのレバー、各種リモコン、共有パソコンのキーボード・マウス、スマホなどはアルコールティッシュで消毒すること。看病するときは、マスクをつけ、なければタオルなどで口を覆い、看病を終えたら手洗いです」(東京医科大名誉教授・加藤治文氏=呼吸器外科)

【Q11】風邪をひいたら、すぐに風邪薬を飲んでいいか?

「もちろんです。一般の肺炎も、健康な人は軽症ですが、まれに若くても重症化するのは、風邪やインフルエンザを発症してから2次的に肺炎を起こすケース。持病のない20代男性が新型コロナ感染で髄膜炎を起こしたのは、新型コロナの感染前に風邪などで免疫状態が悪化していたのかもしれません。こんなときだけに、風邪を軽くみないですぐに市販薬などで治療すべきです」(加藤氏)

 ◇  ◇  ◇

 新型コロナ対策を毎日紹介していく。(次回は空気清浄機や加湿器について)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る