“新型コロナ不安”を軽くする心構え 心理学博士に聞いた

公開日: 更新日:

「不要な外出は避けていますし、なるべく自宅でおとなしくしているんです。でも、新型コロナウイルスへの不安は募る。家にいてもやることがないし、ジワジワと心がむしばまれる感じなんですよね」と、定年退職したばかりという都内の60代男性はタメ息をつく。

 漠然とした不安をため込んでいると、それこそ病気になりかねない。身が持たない。

「不安には、大きく2つある。1つは何も知らないという不安。もう1つは知り過ぎることで生じる不安です」と話すのは、米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏だ。詳しく聞いた。

「“新型コロナ不安”は後者で、連日の報道で情報や知識ばかりが増え、不安があおられている。ストレスがたまっているなと感じたら、いったん“テレビ断ち”して、あえて情報を遮断した方がいいでしょう」


「つまらん」「やってられない」などと、ネガティブな言葉を口にするのも、よくないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  8. 8

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る