“新型コロナ不安”を軽くする心構え 心理学博士に聞いた

公開日: 更新日:

「不要な外出は避けていますし、なるべく自宅でおとなしくしているんです。でも、新型コロナウイルスへの不安は募る。家にいてもやることがないし、ジワジワと心がむしばまれる感じなんですよね」と、定年退職したばかりという都内の60代男性はタメ息をつく。

 漠然とした不安をため込んでいると、それこそ病気になりかねない。身が持たない。

「不安には、大きく2つある。1つは何も知らないという不安。もう1つは知り過ぎることで生じる不安です」と話すのは、米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏だ。詳しく聞いた。

「“新型コロナ不安”は後者で、連日の報道で情報や知識ばかりが増え、不安があおられている。ストレスがたまっているなと感じたら、いったん“テレビ断ち”して、あえて情報を遮断した方がいいでしょう」


「つまらん」「やってられない」などと、ネガティブな言葉を口にするのも、よくないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る