神奈川県に寄付殺到 ふるさと納税で支えるコロナ対策支援

公開日: 更新日:

 政府が先月26日にイベントや外出の自粛を呼び掛けてから約1カ月。長すぎる蟄居で国民もストレスを感じ始めている。ネット上では誹謗中傷のコメントも散見され、公園で外遊びしている幼児まで白い目で見られることもある。

 ◇  ◇  ◇

 ギスギスしたニュースが多い中、「日本も捨てたもんじゃない」と思わせる出来事が起きている。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」が新型コロナウイルスの被害事業者や研究開発、子育て家庭への寄付を呼び掛けたところ、全国で支援の輪が広がっているのだ。

 同サイトで「検査技術の開発支援」(感染症対策)を名目にふるさと納税を募っている神奈川県の担当者が、こう喜びの声を上げる。

「ふるさとチョイスさんからご提案をいただき、1000万円を目標にふるさと納税を募ったところ、予想以上の反響に驚いております。黒岩知事がコロナ対策の補正予算を発表したところですが、ふるさと納税でいただいた寄付金は主に『新型コロナウイルスの迅速検出法』の改良や実証研究などに使わせていただきます」(政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る