神奈川県に寄付殺到 ふるさと納税で支えるコロナ対策支援

公開日: 更新日:

 政府が先月26日にイベントや外出の自粛を呼び掛けてから約1カ月。長すぎる蟄居で国民もストレスを感じ始めている。ネット上では誹謗中傷のコメントも散見され、公園で外遊びしている幼児まで白い目で見られることもある。

 ◇  ◇  ◇

 ギスギスしたニュースが多い中、「日本も捨てたもんじゃない」と思わせる出来事が起きている。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」が新型コロナウイルスの被害事業者や研究開発、子育て家庭への寄付を呼び掛けたところ、全国で支援の輪が広がっているのだ。

 同サイトで「検査技術の開発支援」(感染症対策)を名目にふるさと納税を募っている神奈川県の担当者が、こう喜びの声を上げる。

「ふるさとチョイスさんからご提案をいただき、1000万円を目標にふるさと納税を募ったところ、予想以上の反響に驚いております。黒岩知事がコロナ対策の補正予算を発表したところですが、ふるさと納税でいただいた寄付金は主に『新型コロナウイルスの迅速検出法』の改良や実証研究などに使わせていただきます」(政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る