ロシア語通訳としての顔…クリミア半島併合の時はテレビ局詰めに

公開日: 更新日:

 ウクライナの伝統楽器バンドゥーラ奏者のカテリーナさんにはロシア語通訳としての顔がある。ウクライナでは学校教育でロシア語も勉強するのでお手のモノなのだ。

 カテリーナさんは日本人男性と結婚し、日常生活は流暢な日本語、本稿の取材はすべて日本語で行われた。カテリーナさんは日本語を読み、話すだけでなく、書くこともできる。なので、ロシア語通訳でも重宝がられている。

 ロシア語の通訳の仕事はひょんなことから始まった。

「都内のロシア雑貨店に私のCDを置かせてもらっていたのですが、ある日、『ロシア語を習いたいお客さんがいるのでカテリーナさんにお願いできない?』と連絡をもらいました。未経験でしたが、自分なりに調べて教材を準備しプライベートレッスンを始めました」

 すると、まもなく舞い込んだのが通訳の依頼だった。ロシアの高校野球チームと日本の球児たちとの交流試合だった。

「野球をまったく知らないので、慌てましたけど(笑)、楽しかったですよ。あの時は私が『君が代』とロシアの国歌の両方を歌ってそれぞれ通訳しました」

 そしてロシアによるクリミア半島併合で騒然とした2014年、急きょ、テレビ局から通訳を依頼されたという。

「私のことを調べたんでしょうね、通訳会社から連絡があって、『ロシア語わかるでしょ? ニュースの通訳が必要だからすぐにテレビ朝日へ行って』と突然……」

 それから本格的にロシアのニュースの通訳の仕事が増えていった。実は昨年のウクライナへのロシアの侵攻勃発時も胸が裂ける思いを抱えながら通訳をこなしていたという。

「戦争のニュースを見て音楽をやる気がなくなっちゃって……。その間は粛々とテレビ局で通訳の仕事をしていました。テレ朝、フジテレビNHKを行ったり来たり、夜中も早朝も関係なく呼ばれたので、旦那さんとケンカになることもありましたね」と振り返る。

 結果的に通訳の仕事がきっかけとなって、実はウクライナ人の音楽家であることがマスコミに知られるようになり、自身への取材も急増した。現在、チャリティーコンサートでスケジュールがいっぱいというカテリーナさんいわく、「今は音楽活動で忙しいですが、テレビ局から『またお願いしたい』と連絡をいただいてうれしかったです。通訳の仕事も頑張ってきてよかったなって思っています」とニッコリ。

 カテリーナさんが主催する「ウクライナ料理と音楽の夕べ」から今回紹介する料理は「ソバの実ハンバーグ」。人気のウクライナ家庭料理だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり