井筒和幸さん<下>

公開日:  更新日:

二木 受動喫煙防止法(健康増進法改正)の動きがクローズアップされていますが、監督、たばこは吸われます?

井筒 2年前に心筋梗塞で手術をして以来、吸わなくなりましたね。医師がストレスと運動不足、たばこが原因だから、たばこだけでもやめましょうと。そのとき医師に「やめなあかん思ったらストレスになるけど」と言ったら、「そのストレスは別です」と言われました。笑い話です。

二木 他人のたばこの煙とか匂いは気になりませんか。

井筒 まったく気になりません。何しろテレビ局の打ち合わせは喫煙ルームでやっていますからね。

二木 規制強化の動き、どう思いますか。

井筒 禁煙化に向けた動きはアメリカから始まっていますよね。1987年だったかな、当時2カ月に1回の割合でアメリカにテレビ取材に行っていたのですが、ニューヨークのホテルで打ち合わせをしようとしたら、そこは禁煙だからダメだと言われた。禁煙条例が施行された直後だったんですね。帰りの飛行機で「これはやがて日本もひどいことになるなあ」と思ったことを思い出しましたね。たばこ追放キャンペーンの始まりだったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る