二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

井筒和幸さん<中>

公開日:  更新日:

二木 そういえば監督、最近、映画を撮られていません。

井筒 「黄金を抱いて翔べ」(2012年)以来ですね。原作は高村薫さんのデビュー作です。アナーキストと虚無主義者が銀行襲撃を行うクライムストーリーで、彼女は第3回日本推理サスペンス大賞を受賞しました。高村さんとは同世代なので、いつかやってやろうとずっと思っていました。この話、最後に犯人が捕まらない。そこがいい。映画の痛快さだよね。

二木 4年くらい経ちました。

井筒 そろそろ仕掛けようかと思ってるんですけどね。ただ、今は自由なもの作っても見に来る人がいない、上映館が確保できない。わくわくするような面白いものを作っても応じてくれる人がいなくなってきた。根幹的な話になりますが、文化国家じゃなくなってきたんですね。

二木 サラリーマンが映画館に行かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る