長老勢が寵愛 再入閣した小渕優子経産相の“力量”

公開日: 更新日:

 改造の“目玉”として幹事長候補に挙がっていた小渕優子氏(40)は結局、経産相ポストでの再入閣で落ち着いた。

 すでに当選5回。08年の麻生内閣で少子化担当相として初入閣し、安倍内閣では昨年まで財務副大臣を務めた。何より非業の死を遂げた小渕恵三元首相の次女として、知名度と女性人気の高さは抜群。選挙の応援演説では小泉進次郎氏に次ぐ党内の人気者。「次の額賀派会長候補、いや将来の首相候補だ」とすこぶる評判はいい。

 しかし、実力を伴っているかは疑問符がつく。

「小渕元首相の人柄を受け継ぎ、気配り上手で愛嬌があります。党内に今もにらみを利かせている青木幹雄元参院会長ら長老に可愛がられています。ただし政治家としての15年間の実績は少子化問題に取り組んだくらい。外交、財政について部会で猛勉強したという話は聞いたことがありません。知識量、リーダーとしての資質も未知数です。だから幹事長就任は流れたのでしょう。それでも入閣させたのは、沖縄県知事選への影響を見据えたからだと思います」(政治ジャーナリストの泉宏氏)

 沖縄サミットを実現させた小渕元首相の実娘が閣僚として応援に入れば、県民感情も和らぐ。そんな打算で、こすっからい人事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    北園丈琉は練習が嫌で体操教室をボイコット!【「銀」体操男子 若き4人の素顔#2】

もっと見る