人材払底が露呈 「谷垣幹事長」がサプライズのお粗末改造

公開日: 更新日:

 新聞に日替わりで名前が飛び交った幹事長人事は法相だった谷垣禎一氏(69)が就任することになった。総裁経験者の幹事長“降格”はもちろん、異例。この背景を探っていくと、安倍首相(59)の苦し紛れ改造の真相が見えてくる。

 今度の改造、そもそもの発端は石破幹事長(57)外しだ。来年の総裁選に向けて、ライバルの石破氏を閣内に取り込み、かつ、解散のフリーハンドを得る。これが安倍首相の思惑で、だからこそ、さして失点がない石破氏を強引に交代させたのである。
 だとすると当然、石破氏を外す段階で、後任幹事長の人事構想がなければならない。

 ところが、マスコミ辞令が飛び交い、大混乱の様相になった。甘利明(65)、大島理森(67)、小渕優子(40)、小泉進次郎(33)、細田博之(70)、額賀福志郎(70)と連日、候補者が浮かんでは消えた。一説には何人かに断られたとされる。揚げ句が谷垣氏ではサプライズも何もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか