狡猾な安倍政権 「GDP下方修正」は消費税10%への布石

公開日: 更新日:

 内閣府は8日、4-6月期GDPの2次速報を公表した。1次速報の前期比6.8%減(年率換算)から大幅に下方修正され、7.1%減にまで落ち込んだ。

 東日本大震災の影響を受けた11年1-3月期の6.9%減よりヒドイ数値で、リーマン・ショック(09年1-3月期の15.0%減)以来の激減だ。とてつもない経済失速だが、市場は案外、冷静だった。8日の日経平均は前日比36円高の1万5705円で引けている。

「1次速報が出たときからマーケットは下方修正を予想していたからです。事前のエコノミスト予想の平均値は7.2%減だったので、6.8%減は世の中に『想定より悪くなかった』という印象を与えられた。でも、さまざまな経済指標の実態は良くない。2次速報では下方修正されるだろうと、市場は読んでいたのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る