防犯カメラに不審者も…寺社“油まき犯”が捕まらないなぜ?

公開日:  更新日:

 各地の寺社に油のような液体がまかれた事件。発覚からはや1カ月経つが、被害は全国11府県に拡大している。

 今月26日には、大分県宇佐署が、国宝の宇佐神宮境内にある「亀山神社」のさい銭箱など約20カ所に油のような液体がまかれていたと明かした。27日には、世界文化遺産の清水寺の国宝の本堂西側の床、本堂正面のさい銭箱付近など3カ所で油のような液体の跡が見つかっている。

「事件発覚の発端となった奈良県では、被害に遭った県内19寺社中4社で同一の動植物性油脂成分が検出された。いずれの寺社でも、発火性が強いガソリンや灯油などは確認できていません。また、県内の4つの寺の防犯カメラに写った男に似た人物が、千葉県成田市の成田山新勝寺、香取市の香取神宮のカメラにも写っており、関連性を調べています」(捜査事情通)

 不思議なのは、手口が単純なのに捜査が難航していることだ。犯人の目的もナゾ。防犯カメラの解析にも時間がかかっている。一体なぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る