寺社への「油かけ」イタズラか儀式か…地域や宗教で使用例も

公開日:  更新日:

 奈良県や京都府など7府県30カ所の寺社で相次いで油がまかれた事件。犯人は捕まらず、被害は拡大する一方だが、ここにきて、ある“犯人像”が浮上した。

「東大寺、国宝・金剛力士像の阿形像の木製の柵についた液体の跡、『アロマオイルの香りがした』と報道があり、確かめに行った。嗅いでみると、匂い袋にも似た白檀系の香り。宗教儀礼などに使う香油の一種ではないだろうか」「悪意ではない可能性を十分考え、早急に対処すべきだと思う」

 10日のツイッターにこう書き込んだのは、絵本やノンフィクションなど幅広い作品がある作家の寮美千子氏。油がまかれた事件について、「信仰心」による犯行ではないか、と疑問を呈したのである。

 ネット上では「そういう可能性もあるかも」との声が続出。本紙も早速、被害に遭った複数の寺社に電話し、まかれた油が香油かどうか問い合わせたが、そろって「捜査中なので何も分からない」と回答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る