寺社への「油かけ」イタズラか儀式か…地域や宗教で使用例も

公開日:  更新日:

 奈良県や京都府など7府県30カ所の寺社で相次いで油がまかれた事件。犯人は捕まらず、被害は拡大する一方だが、ここにきて、ある“犯人像”が浮上した。

「東大寺、国宝・金剛力士像の阿形像の木製の柵についた液体の跡、『アロマオイルの香りがした』と報道があり、確かめに行った。嗅いでみると、匂い袋にも似た白檀系の香り。宗教儀礼などに使う香油の一種ではないだろうか」「悪意ではない可能性を十分考え、早急に対処すべきだと思う」

 10日のツイッターにこう書き込んだのは、絵本やノンフィクションなど幅広い作品がある作家の寮美千子氏。油がまかれた事件について、「信仰心」による犯行ではないか、と疑問を呈したのである。

 ネット上では「そういう可能性もあるかも」との声が続出。本紙も早速、被害に遭った複数の寺社に電話し、まかれた油が香油かどうか問い合わせたが、そろって「捜査中なので何も分からない」と回答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る