• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寺社への「油かけ」イタズラか儀式か…地域や宗教で使用例も

 奈良県や京都府など7府県30カ所の寺社で相次いで油がまかれた事件。犯人は捕まらず、被害は拡大する一方だが、ここにきて、ある“犯人像”が浮上した。

「東大寺、国宝・金剛力士像の阿形像の木製の柵についた液体の跡、『アロマオイルの香りがした』と報道があり、確かめに行った。嗅いでみると、匂い袋にも似た白檀系の香り。宗教儀礼などに使う香油の一種ではないだろうか」「悪意ではない可能性を十分考え、早急に対処すべきだと思う」

 10日のツイッターにこう書き込んだのは、絵本やノンフィクションなど幅広い作品がある作家の寮美千子氏。油がまかれた事件について、「信仰心」による犯行ではないか、と疑問を呈したのである。

 ネット上では「そういう可能性もあるかも」との声が続出。本紙も早速、被害に遭った複数の寺社に電話し、まかれた油が香油かどうか問い合わせたが、そろって「捜査中なので何も分からない」と回答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る