• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

村民激怒! 宮城“セクハラ村長”に退職金返納させる方法は?

 女性職員に対するセクハラで提訴された宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)が7日、3週間ぶりに村役場に登庁し、会見を開いた。

 跡部村長はセクハラ疑惑を否定し、3週間の雲隠れについては「激しいバッシングで体調がすぐれなかった」と説明。終始、神妙な面持ちで話したが、約1100万円の退職金に関しては「いろんな意見があると思うが、頂く」と明言した。

 これに怒った村民からは「返納すべきだ!」という抗議が村役場に殺到しているという。セクハラで提訴された上、議会で不信任になった村長だ。退職金支払いをストップするとか、返納させる方法はないのか。村が加入する職員退職手当組合の事務局担当者はこう言う。

「われわれが国家公務員退職手当法に基づき定めた規約では、返納を命令できるのは刑事事件で禁錮以上の刑が確定したケースに限られます。問題の大きさを踏まえ、今後慎重に対応を検討する方針ですが、跡部村長の場合は民事訴訟なので、今のところ返納命令を出す予定はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る