官邸屋上に軽々落下 現実味帯びてきた「ドローン」テロの恐怖

公開日: 更新日:

 警備担当者は赤っ恥だ。首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」が落下した事件。機体には、小型カメラやプラスチック容器が取り付けられ、“放射能マーク”が貼ってあったうえに、原子炉で生成される放射性物質セシウムが検出されたというから、シャレにならない。「ドローン・テロ」の恐怖が現実味を帯びてきた。

「イスラム国による“テロ予告”もあって、官邸も警察も警戒を強めていたのですが、官邸の屋上には1カ月以上、見回りに行っていなかったそうです」(捜査事情通)

 官邸事務所は「警備については何も答えられない」とにべもないが、いずれにせよ軽々とスルーされたわけだ。ドローンは飛行音が小さいとはいえ、落下したのは直径約50センチのもの。「うっかり見逃した」では済まされない。

「米ホワイトハウスでも今年1月にドローンが落下する騒動が起きていますが、これはオバマ大統領の外遊中に、酔っぱらったシークレットサービスのエージェントが飛ばしていたそうです」(在米ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る