大風呂敷が一転…都構想から消えた経済効果「年間4000億円」

公開日: 更新日:

 なんだか、このままでは、橋下市長の勢いに押されてしまいそうだが、ホントに「都構想」は素晴らしいものなのか、実現したら二重行政のムダはなくなり、大阪市民の生活はよくなるのか。

 橋下市長は当初、二重行政の解消による経済効果は「年間4000億円」と、大風呂敷を広げていたが、反対派はわずか「1億円」であると主張。さらに、初期費用が600億円かかる上、年間コストが20億円かかり、トータルではマイナスになるとしている。

 これについて、橋下市長サイドは「都構想で使えるお金は4000億円以上」などとアイマイな言い回しに変えている。

 結局、大阪市が解体されれば、年間約2200億円の財源と権限が失われ、大阪市民への行政サービスが低下するだけではないのか。

 京都大学大学院教授の藤井聡氏は以前、日刊ゲンダイ本紙のインタビューでこう言った。

「中身を理解しないままに、ムードやイメージで何となく判断を下してしまえば、取り返しがつかない」

 大阪市民は口のウマい橋下市長に乗せられてしまうのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

  10. 10

    閉店コンビニを改装「1日1組限定」ミニ葬儀場がはやるワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る