• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口組抗争殺人の無期懲役でヤクザの人生設計は崩壊する

「6代目山口組VS神戸山口組」の一連の抗争事件で初の無期懲役判決が下り、話題になっている。

 岡山市で昨年5月、6代目系組員・山本英之被告(32)が神戸系幹部を射殺した事件。岡山地裁は30日、求刑通り無期懲役を言い渡した。気になるのはこの判決が今後の抗争に与える影響だ。

 昔はヤクザ同士の殺し合いは「刑期が3割引き」といわれた。ヤクザは20代で対立組織の幹部を殺害して懲役15~20年の判決を受け、40代で出所して幹部候補になった。極道としての“人生設計”ができたのだ。

■「うっかり」防止に銃や刃物は持ち歩くな

 ところが無期懲役では人生が終わりかねない。

「今回の判決でヤクザは骨抜きです」とは暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る