日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口組抗争殺人の無期懲役でヤクザの人生設計は崩壊する

「6代目山口組VS神戸山口組」の一連の抗争事件で初の無期懲役判決が下り、話題になっている。

 岡山市で昨年5月、6代目系組員・山本英之被告(32)が神戸系幹部を射殺した事件。岡山地裁は30日、求刑通り無期懲役を言い渡した。気になるのはこの判決が今後の抗争に与える影響だ。

 昔はヤクザ同士の殺し合いは「刑期が3割引き」といわれた。ヤクザは20代で対立組織の幹部を殺害して懲役15~20年の判決を受け、40代で出所して幹部候補になった。極道としての“人生設計”ができたのだ。

■「うっかり」防止に銃や刃物は持ち歩くな

 ところが無期懲役では人生が終わりかねない。

「今回の判決でヤクザは骨抜きです」とは暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事