• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲地下水から基準120倍のベンゼン検出 ヒ素やシアンも

 豊洲市場の地下水調査で、環境基準の120倍の有害物質ベンゼンが検出されていたことが分かった。

 2014年11月に土壌汚染対策工事を完了して以来の最高濃度だ。東京都が14日、今年5~8月に実施した地下水調査の結果として発表した。

 ベンゼンが検出されたのは、15年から始まった2年間のモニタリング調査で環境基準の79倍のベンゼンが検出されたのと同じ場所だ。ベンゼンのほか、環境基準の最大4倍に当たるヒ素や、不検出が基準のシアンも出た。

 数値をみると、汚染状況は明らかに悪化しているが、豊洲の安全対策を検証する専門家会議は「大きく汚染状況が変化したとは確認できない」とコメント。

 さらに市場施設のある地上部分11地点の大気は基準値未満だったため、「科学的な安全は確保された状態だ」と説明している。ホントかなぁ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る