土壌汚染より深刻か 豊洲市場内のグロテスクな“カビ写真”

公開日: 更新日:

 土壌汚染をめぐる豊洲市場の問題は、追加の対策をした上で来年春から秋に開場を目指すことで一段落したかに見えたが、今度は市場内にカビが発生していることが発覚して大騒ぎになっている。

 都によると、カビが確認されたのは、水産仲卸約80事業所、青果仲卸約10事業所。魚をのせる陳列台などに生えているらしい。市場内は現在どうなっているのか――。日刊ゲンダイは、24日視察したばかりの仲卸業者に内部の様子を聞いた。

「豊洲市場内にカビが生えている噂は耳にしていましたが、実際に訪れてみて、あまりのグロテスクさに驚きました。木製の陳列台に深緑色のコケみたいなカビが生えていた。冷凍庫や流し台、会計スペースを囲う『帳箱』の表面もカビがこんもりと覆っていました。試しに除去できるか触ってみると、ヌルヌルして取り切れません。鼻を近づけると古タイヤみたいな刺激臭でした。異臭は市場全体に漂っており、新築のはずなのに、まるで学校の体育館倉庫の中にいる感じ。装着しているマスクを外した途端、激しくせきこんでしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る