土壌汚染より深刻か 豊洲市場内のグロテスクな“カビ写真”

公開日: 更新日:

 土壌汚染をめぐる豊洲市場の問題は、追加の対策をした上で来年春から秋に開場を目指すことで一段落したかに見えたが、今度は市場内にカビが発生していることが発覚して大騒ぎになっている。

 都によると、カビが確認されたのは、水産仲卸約80事業所、青果仲卸約10事業所。魚をのせる陳列台などに生えているらしい。市場内は現在どうなっているのか――。日刊ゲンダイは、24日視察したばかりの仲卸業者に内部の様子を聞いた。

「豊洲市場内にカビが生えている噂は耳にしていましたが、実際に訪れてみて、あまりのグロテスクさに驚きました。木製の陳列台に深緑色のコケみたいなカビが生えていた。冷凍庫や流し台、会計スペースを囲う『帳箱』の表面もカビがこんもりと覆っていました。試しに除去できるか触ってみると、ヌルヌルして取り切れません。鼻を近づけると古タイヤみたいな刺激臭でした。異臭は市場全体に漂っており、新築のはずなのに、まるで学校の体育館倉庫の中にいる感じ。装着しているマスクを外した途端、激しくせきこんでしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る