• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

築地市場を「世界遺産」に 小池都知事が“ウルトラC”画策

 “小池劇場”の再開なるか。

 10月11日に豊洲へ移転することが決まった東京都の中央卸売市場問題。小池百合子都知事は昨年の都議選直前に「築地は守る、豊洲は生かす」の基本方針を打ち出して以降、卸売市場の機能を豊洲に移転させる一方、築地を「食のテーマパーク」として再開発する方針を示してきた。一度豊洲に移転した後、希望する業者は築地に戻れるとまで言っていた。

 もっとも、ここ最近は自身の求心力低下に伴いトーンダウン。世論も業者も流れはすっかり「豊洲への完全移転」とみているが、実は小池は密かに「築地存続」の仰天プランを温めているという。

「知事の側近が3月中に何度か築地市場を訪れ、複数の市場業者と会っていました。側近は『基本方針通り、希望する業者は将来的に築地に戻れる』と話し、『築地にある扇状の仲卸売場の建物は何としてでも残したい』と、築地の存続にこだわっていたそうです。その上で、市場業者に『築地を世界遺産に登録すべく、動いてみてはどうか』などと持ちかけたといいます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る