翁長知事の遺志踏みにじる 「土砂投入延期」は“狸寝入り”

公開日: 更新日:

 翁長雄志知事の急逝で来月30日に投開票される沖縄県知事選。最大の争点である名護市辺野古への基地移設を巡って、官邸が怪しい動きを見せている。政府が県側に、翁長知事の遺志である辺野古の海の埋め立て承認撤回を知事選後に延期するよう要請していたのだ。

 政府は引き換えに「喪に服す期間への配慮」を理由に、辺野古沿岸への土砂投入を知事選後に延期する意向を伝えた。「一時休戦」を申し入れ、知事選の民意次第で土砂投入断念もあり得るような言い分だが、この取引は、政権側の選挙対策に過ぎない。

「官邸は早ければ今週17日にも土砂の投入を強行するつもりでしたが、公明党創価学会幹部が菅官房長官に土砂投入をやめるよう伝えたようです。強行すれば県知事選で公明の選挙協力を得られないため、投入延期が検討されているのです。ただ、官邸は知事選の結果がどうあれ、土砂投入の意向らしく、投入延期の意向を示したのは投開票日まで県民の心証を損ねたくないだけでしょう」(官邸関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る