高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

覇権争い拡大の危うい世界情勢 見えない日本の生き抜き方

公開日: 更新日:

 世界情勢は非常に怪しい雲行きである。戦後の東西冷戦による長い対立の時代が1989年、ブッシュ米大統領とソ連のゴルバチョフ書記長とのマルタ会談で、ようやく終焉。間もなくソ連が崩壊し、90年代以降はグローバル時代が訪れた。いわば国境なき時代に、日本のビジネスも世界中に展開し、世界でモノを作り、世界に販売した。世界はグローバル化による新たな発展を迎えていたはずだが、ここにきて覇権主義があらゆる国で台頭している。

 トランプ米大統領の「アメリカファースト」が強烈な引き金となったのは間違いないが、どの国も自国優先の考えに逆戻り。いずれ覇権争いが国家対国家の争いに発展し、次なる世界戦争に陥りかねない状況だ。

 米中両国の貿易戦争は完全な典型例だし、中米と米国の間でも国境を巡り、いざこざが生じている。米国とロシアの間でも、トランプ大統領が中距離核戦力廃棄条約から離脱する方針を表明し、冷戦時代に時計の針を戻しかねない危うい状況になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る