高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

覇権争い拡大の危うい世界情勢 見えない日本の生き抜き方

公開日: 更新日:

 世界情勢は非常に怪しい雲行きである。戦後の東西冷戦による長い対立の時代が1989年、ブッシュ米大統領とソ連のゴルバチョフ書記長とのマルタ会談で、ようやく終焉。間もなくソ連が崩壊し、90年代以降はグローバル時代が訪れた。いわば国境なき時代に、日本のビジネスも世界中に展開し、世界でモノを作り、世界に販売した。世界はグローバル化による新たな発展を迎えていたはずだが、ここにきて覇権主義があらゆる国で台頭している。

 トランプ米大統領の「アメリカファースト」が強烈な引き金となったのは間違いないが、どの国も自国優先の考えに逆戻り。いずれ覇権争いが国家対国家の争いに発展し、次なる世界戦争に陥りかねない状況だ。

 米中両国の貿易戦争は完全な典型例だし、中米と米国の間でも国境を巡り、いざこざが生じている。米国とロシアの間でも、トランプ大統領が中距離核戦力廃棄条約から離脱する方針を表明し、冷戦時代に時計の針を戻しかねない危うい状況になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る