高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

覇権争い拡大の危うい世界情勢 見えない日本の生き抜き方

公開日: 更新日:

 世界情勢は非常に怪しい雲行きである。戦後の東西冷戦による長い対立の時代が1989年、ブッシュ米大統領とソ連のゴルバチョフ書記長とのマルタ会談で、ようやく終焉。間もなくソ連が崩壊し、90年代以降はグローバル時代が訪れた。いわば国境なき時代に、日本のビジネスも世界中に展開し、世界でモノを作り、世界に販売した。世界はグローバル化による新たな発展を迎えていたはずだが、ここにきて覇権主義があらゆる国で台頭している。

 トランプ米大統領の「アメリカファースト」が強烈な引き金となったのは間違いないが、どの国も自国優先の考えに逆戻り。いずれ覇権争いが国家対国家の争いに発展し、次なる世界戦争に陥りかねない状況だ。

 米中両国の貿易戦争は完全な典型例だし、中米と米国の間でも国境を巡り、いざこざが生じている。米国とロシアの間でも、トランプ大統領が中距離核戦力廃棄条約から離脱する方針を表明し、冷戦時代に時計の針を戻しかねない危うい状況になっている。

 中東諸国の覇権争いも、ややこしい。イスタンブールのサウジアラビア総領事館を舞台とするサウジ記者の暗殺事件を巡り、その様相はなおいっそう複雑化してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット