地元福岡から始まる麻生降ろし 県知事選惨敗で“追放”危機

公開日: 更新日:

 麻生副総理と二階幹事長の“遺恨試合”だった福岡県知事選が7日投開票されたが、自民推薦で麻生氏が支援した新人・武内和久氏(47)が、現職で二階派などが推した小川洋氏(69)に95万票もの大差をつけられ大惨敗を喫した。

 もともと、麻生氏が安倍首相に直談判し、武内への党本部推薦を強引に取り付けた経緯があり、自民県連は深刻な保守分裂に陥っていた。武内は選挙中から大きく水をあけられていたが、トドメとなったのは麻生派の塚田一郎前国交副大臣の「忖度発言」だった。よりによって武内の応援集会で、麻生氏の地元に近い北九州市と安倍首相のお膝元・下関市を結ぶ道路計画について、麻生氏の子分の塚田が「新年度の予算で国直轄の調査計画に引き上げた」と自慢げに明言したのだから、たまらない。しかも、辞任後の麻生氏の対応が最悪で評判を一段と下げた。

「公文書改ざんやセクハラ容認発言を巡る傲慢な発言がもとで、ただでさえ県内での麻生さんの評判は悪かった。さらに、塚田氏の辞任決定後の会見で麻生さんが、『もっと大きな声で言えや』『さっき言ったじゃないか』と報道陣を恫喝する様子がテレビで放送され、支持離れに拍車がかかりました。『福岡の恥』とまで言う県民もいるほどです」(地元記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る