塚田国交副大臣が辞任へ“安倍・麻生道路”忖度発言で詰め腹

公開日: 更新日:

「忖度」発言で野党側はもちろん与党内からも辞任を求める声が出ていた塚田一郎国交副大臣が5日午前、辞任する意向を固めた。「発言の責任を取りたい」と周辺に伝えた。

 塚田氏は山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備を巡って今月1日、下関市と福岡県が安倍総理大臣と麻生副総理の地元だと言及したうえで、「総理や副総理が言えないから、私が忖度した」と発言。その後、発言を撤回・謝罪した上で職責を全うする考えを繰り返し示していた。

 野党側は、「撤回・謝罪では済まされない重大問題だ」として速やかな辞任を求めたのに加え、与党内からも、国会運営や統一地方選、参院選への悪影響を懸念して、自ら進退判断をするよう求める声が上がっていた。“詰め腹”を切らされた形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る