高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

デフレは続く 停止した成長エンジンを引き継ぐ令和経済

公開日: 更新日:

 1999年4月の連載開始から20年。長年にわたって続けてきた当欄も今回、平成という時代が間もなく終わるタイミングで筆をおくことにした。

 平成の時代は始まりとともに、バブルがはじけた。「バブル景気」と呼ぶようになったのは崩壊後のことだ。当時は従来の輸出依存型の成長とは全く違うという意味で「内需主導型景気」とも言われたものである。

 絶頂期だった88年に私は「これはバブルに過ぎない。はじけた後の日本経済は長期デフレに苦しめられる」と予測したが、その通りになってしまった。

 バブル崩壊後の深刻なデフレに対処するため、日銀は立て続けに政策金利を引き下げ、99年2月にはついにゼロ金利政策を導入。時の政権も92年以降、度重なる景気対策で小泉政権の誕生までに累計100兆円を超える財政出動を実施したが、それでもデフレ不況から抜け出せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る