立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

日本より対米、対中 平壌外語大日本語学部「廃止」の必然

公開日: 更新日:

 今回は訪朝記の第4弾。夜の会合での朝鮮(北朝鮮)の政府機関関係者とのやりとりについて考える。匿名が条件だが、政府機関で対日政策を担っている人たちだ。

「共和国(朝鮮)は、日本が過去の侵略について心からの反省を示せば、それに対して金銭的な補償は求めることはない」

 朝鮮の焼酎を傾けながら、高位の幹部がそう語った。その対応は変わらないのかと念を押すと、「変わることはない」と話した。もちろん、補償とは別な形での経済協力はあり得るだろう。しかし、韓国の現状を念頭に置いて考えた場合、日本側が受け入れやすい話であることは間違いない。

 幹部らとのやりとりは夜に行われた。平壌での1週間の滞在で、夜はほぼこうした会合を持った。こう書くと、スパイ小説もどきだが、ざっくばらんな意見交換会だ。もちろん、私は日本政府を代表しているわけではないし、それは相手もわかっている。こうした会合を通じて感じたことがある。朝鮮の対日政策担当者の焦りだった。「日本は共和国と交渉する気があるのだろうか?」と何度も問われた。そこに、今の金正恩政権で対日政策担当者の微妙な立場を感じた。はっきり書こう。彼らの政権内での発言力が徐々に弱まっているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る