立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

日本より対米、対中 平壌外語大日本語学部「廃止」の必然

公開日: 更新日:

 今回は訪朝記の第4弾。夜の会合での朝鮮(北朝鮮)の政府機関関係者とのやりとりについて考える。匿名が条件だが、政府機関で対日政策を担っている人たちだ。

「共和国(朝鮮)は、日本が過去の侵略について心からの反省を示せば、それに対して金銭的な補償は求めることはない」

 朝鮮の焼酎を傾けながら、高位の幹部がそう語った。その対応は変わらないのかと念を押すと、「変わることはない」と話した。もちろん、補償とは別な形での経済協力はあり得るだろう。しかし、韓国の現状を念頭に置いて考えた場合、日本側が受け入れやすい話であることは間違いない。

 幹部らとのやりとりは夜に行われた。平壌での1週間の滞在で、夜はほぼこうした会合を持った。こう書くと、スパイ小説もどきだが、ざっくばらんな意見交換会だ。もちろん、私は日本政府を代表しているわけではないし、それは相手もわかっている。こうした会合を通じて感じたことがある。朝鮮の対日政策担当者の焦りだった。「日本は共和国と交渉する気があるのだろうか?」と何度も問われた。そこに、今の金正恩政権で対日政策担当者の微妙な立場を感じた。はっきり書こう。彼らの政権内での発言力が徐々に弱まっているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!