立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

独善的な主観に流されることなくまずは事実を見て欲しい

公開日: 更新日:

■訪中ルポ第3弾

 訪朝記の3回目となる。これまで書いてきた内容は全て私が見聞きしたことだが、平壌が明るい表情を見せているような記述には批判も寄せられている。それでも私が書き続けるのは、事実を伝えたいからだ。批判については今後の連載の中で私見を述べさせていただくが、独善的な主観に流されることなく、まずは事実を見て欲しい。

 現地では、朝鮮対外文化連絡協会(対文協)の担当者の調整を経て、さまざまな施設を見て回る。当然、相手が見せたいものを見るケースは多い。例えば、平壌教員大学。そこは児童を教える保育士や小学校の教諭を育てる大学だ。教室を見ると、女子生徒が大きな画面に向かって体をリズミカルに動かしている。画面を見ると、子熊のキャラクターが生徒の動き通りに動いている。

「センサーで動きを読み取って画像に反映させています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る