立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

板門店でも丸腰で 耳も目も疑った朝鮮人民軍中佐の言動

公開日: 更新日:

 前回に続き訪朝ルポをお伝えする。私は4月27日に平壌に入った。そして翌々日の朝7時過ぎに市内のホテルを出て、車で南下した。いわゆる基幹道路を走るのだが、アスファルトはところどころで亀裂が入っている。乗り込んだマイクロバスは激しく揺れる。平壌を出ると、窓の外には、田畑とところどころに小さな集落という景色が広がる。明らかに活気のある平壌とは異なる情景だが、それについては次回に譲る。

 途中で休憩をはさみ、3時間余り走る。すると、道の両側に高さ3、4メートルほどの高さのコンクリートの構造物がところどころに並び始める。

「あれは、道路を遮断するためのものですね?」

 付き添いの対文協=朝鮮対外文化連絡協会の担当者に尋ねると、「そうです」と答えた。これは韓国も同じだ。有事の際には爆破で構造物が倒れて道路を封鎖する。牧歌的な風景が続く中で、軍事境界線に近づいたことを感じる瞬間だ。しばらく行くと、バスは巨大な門の前で止まった。板門店の北側の入り口だ。撮影はすでに禁じられている。ここで入域の手続きと、朝鮮人民軍による状況説明がある。去年も行った土産物屋に寄ると、既に中は中国や欧州からの観光客でごった返していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る