敵を口撃しトランプ再選後押し…金正恩の切ないラブコール

公開日: 更新日:

 米朝協議の再開をもくろむ北朝鮮が、トランプ大統領の気を引こうとあの手この手だ。来年の米大統領選に出馬表明した民主党のバイデン前米副大統領に矛先を向け、「決して許さない」と口を極めて罵っているのだ。

 コトの発端は米フィラデルフィアで18日に開かれた選挙集会。バイデン陣営の出陣式だ。マイクの前に立ったバイデンは「われわれはプーチンや金正恩のような独裁者や暴君を包容する国民なのか。そうではない。だが、トランプはそうだ」などと演説。これに北朝鮮が猛然と噛み付いた。

 朝鮮中央通信は21日の論評で、〈われわれの最高尊厳を冒涜する妄言を口にしたことは大変な政治的挑発〉と断じ、〈決して許さない〉と非難。バイデンをこうもコキおろした。

〈米国内で彼の出馬を巡り、知能指数が低いマヌケという嘲笑とともに、過度な期待をしない方がいいとの見方がやまないのは決して偶然ではない〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る