「誇り」発言に違和感 首里城再建に性急な安倍政権の思惑

公開日: 更新日:

 辺野古新基地建設に「ノー」を突きつけた県民の意思を無視し、埋め立て工事を強行。中国の軍備増強や米国との安全保障を盾に、長い間、沖縄県民に基地負担の犠牲を強いてきた。ずっと沖縄をないがしろにしてきたクセに、ここにきて「誇り」を呼びかけているのだから呆れてしまう。

 沖縄国際大大学院の前泊博盛教授(日米安保論)がこう言う。

「首里城は国の所有物なので、国が財産を復元することに前向きなのは分かります。しかし、県民は安倍政権の素早い対応に警戒感を抱いています。実際、国に支援を要請しないでくれ、と玉城知事に訴える声まで出たほど。安倍政権に借りをつくると、基地問題に利用されかねないとの懸念がありますからね。『沖縄に寄り添う』とうそぶいてきた安倍政権に対する不信感、国主導の支援に『裏がある』と思われてしまう政権の残念な体質がよく表れています」

 役に立つと思えば、台風や豪雨などの災害被害ですら利用する政権のよこしまな考えは沖縄県民がよ~く分かっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る