ゴーン苦境…1年で資産4割も激減「131億円→76.6億円」に

公開日: 更新日:

 保釈中に中東レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の資産が1年間で4割も減ったことが分かった。米ブルームバーグ通信が11日までに伝えたもので、独自に算出している「億万長者指数」によれば、推定約1億2000万ドル(約131億円)から約7000万ドル(約76・6億円)に激減したという。

 保釈金15億円を没収されたことや逃亡計画の費用に数百万ドルかかったと試算。一方で、日産が退職金など報酬の支給をとりやめ、収入も減った。同通信は「ゴーン一族の巨万の富を圧迫するほどの額だ」としている。

 そのゴーン被告は10日、朝日新聞の単独取材に応じ、逃亡を「違法な出国だった」と認めたという。自身への信頼性を損なうことを覚悟した行動だったとしながら、「(最高裁で決着するまで)10年ほども耐えろというのか」と主張。8日の記者会見同様、自身の弁護と日本の司法制度批判をまくし立てた。

 ゴーン被告は10日、日本メディアからの質問にまとめて答える30分間の代表取材も行っている。どうやら8日のメディア“選別”会見が失敗だったとみて、慌てて対応しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る