ゴーン苦境…1年で資産4割も激減「131億円→76.6億円」に

公開日: 更新日:

 保釈中に中東レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の資産が1年間で4割も減ったことが分かった。米ブルームバーグ通信が11日までに伝えたもので、独自に算出している「億万長者指数」によれば、推定約1億2000万ドル(約131億円)から約7000万ドル(約76・6億円)に激減したという。

 保釈金15億円を没収されたことや逃亡計画の費用に数百万ドルかかったと試算。一方で、日産が退職金など報酬の支給をとりやめ、収入も減った。同通信は「ゴーン一族の巨万の富を圧迫するほどの額だ」としている。

 そのゴーン被告は10日、朝日新聞の単独取材に応じ、逃亡を「違法な出国だった」と認めたという。自身への信頼性を損なうことを覚悟した行動だったとしながら、「(最高裁で決着するまで)10年ほども耐えろというのか」と主張。8日の記者会見同様、自身の弁護と日本の司法制度批判をまくし立てた。

 ゴーン被告は10日、日本メディアからの質問にまとめて答える30分間の代表取材も行っている。どうやら8日のメディア“選別”会見が失敗だったとみて、慌てて対応しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る