瀕死の日産は泣きっ面に蜂…執拗痛烈な「ゴーン砲」が直撃

公開日: 更新日:

「法律違反をして国外に出ている人の自作自演におつきあいする暇はありません」――。8日のゴーン会見で名指しで批判された日産自動車の豊田正和社外取締役は9日、平静を装った。しかし、ゴーンの痛烈な批判が、業績悪化が続き立て直しを急ぐ日産を直撃しているのは間違いない。

 日産前会長カルロス・ゴーン被告は2018年11月19日に逮捕された。その後、日産の業績はボロボロだ。逮捕後の本業のもうけを示す営業利益を見ると、19年3月期は前期比45%減の3182億円、20年3月期(見込み)は同53%減の1500億円とジリ貧だ。

 ゴーンの逮捕日、1005・5円だった株価は、9日は644・3円と4割近くも下落している。

 日産は昨年12月1日、内田誠新社長が就任し、新体制が発足したばかり。ゴーン事件の取材を続ける経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る