隠し玉なしの饒舌ゴーン 逃走劇&政治家の実名はダンマリ

公開日: 更新日:

■肩透かしだった2時間半会見

「400日以上もこの日を待ち望んでいた」――。気合に満ちた表情でこう語った割には、とんだ肩透かしだった。金融商品取引法違反の罪などで起訴され、保釈中にレバノンに逃亡した日産前会長のカルロス・ゴーン被告が8日、首都ベイルートで記者会見に臨んだ。

 会見場にはゴーン被告が「選別」した12カ国、約60社のメディアのみが入場。東京地検特捜部が逮捕状を取った妻キャロル・ナハス容疑者も姿を見せた。濃紺のスーツにピンクのネクタイで決めたゴーン被告は、冒頭から1時間超にわたって“独演会”をぶった。顔を紅潮させ、身ぶり手ぶりを加えながら自らの無罪を主張。日産と日本の検察に対し、予想された批判を展開した。

 日本の検察の捜査手法を「公平ではない」と断じ、検察官の取り調べについて「一日8時間にも及んだ」と問題視。「独房の中で一人でクリスマスを過ごした」「正月休みもない」とこぼし、「『自白しなければもっとひどいことになる。家族も追及する』と言われ、絶望した」「家族は想像を絶する苦しみを味わった」と、感情に訴えかけるように日本の“人質司法”を痛烈に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る