怪気炎ゴーンの次なる一手…“逆提訴”民事裁判で勝てるのか

公開日: 更新日:

 ほとんど独演会だったカルロス・ゴーン被告の記者会見。日本と徹底的に戦うつもりだが、この先、ゴーン被告はどう出てくるのか。

 取りざたされているのがゴーン裁判の第2ラウンドだ。彼が日産に損害賠償を要求し、日本政府に国家賠償請求訴訟を起こすのではないかとの声が上がっている。ゴーン被告による“逆提訴”である。ネットには「国際司法裁判所を通じて人質司法の是非を問うべきだ」との書き込みもチラホラ。ゴーン被告の逆襲はどうなるのか。

「国際司法裁判所は国家同士の揉め事を裁く場なので、ゴーン被告個人が提訴することはできません」とは元検事の落合洋司弁護士だ。

「日産を訴えるとしたら、本来受け取ることができたはずの報酬や慰謝料として、10億円単位の金額を要求することになるでしょう。日本政府を訴える場合は長期勾留で精神的な苦痛を受けたとして、1億円とか2億円程度を要求するのではないか。日産との裁判はレバノンの裁判所でも起こすことができるし、日本の弁護士を雇って日本で提訴することも可能です。でも日本政府を訴える場合は、日本国内の裁判所に限られます。ただし、ゴーン被告に出廷の義務はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る