ゴーン被告を批判する東京地検次席検事にズサン捜査の過去

公開日: 更新日:

「不合理で事実に反している」「自白を強要していないことは明白」

 保釈中に日本を脱出しレバノンに逃げ込んだ日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の会見に対し、9日の定例会見でこう反論したのが、東京地検の斎藤隆博次席検事だ。

 斎藤検事は、ゴーン被告が主張する「クーデター」などの主張について反論。取り調べの時間についても「1日平均4時間程度で、ゴーン被告の主張する8時間ということはない」と否定した。

 ゴーン被告の会見場に入れなかった日本の大手メディアの多くは、斎藤検事の反論を大きく取り上げ、「検察=真実」「ゴーン被告=嘘つき」のような図式の報道が目立つが、果たしてそうなのか。というのも、斎藤検事自身は特捜部時代、「不合理な捜査手法」が問題視された人物だからだ。

 東京地検特捜部は2009年、今回のゴーン被告と同様、国民民主党小沢一郎衆院議員(当時は民主党)の秘書を突然、逮捕したのだが、当時、この捜査に関わっていたのが斎藤検事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る