小池知事「営業短縮」要請に怨嗟の声 無視する店が続出か

公開日: 更新日:

 時短営業に応じた飲食店には20万円――。小池都知事が打ち出した、アルコールを提供する飲食店への時短要請。とうとう、ホストクラブやキャバクラを叩くだけでなく、「一般の飲食店」にも手を伸ばしてきた形だ。

 対象は、都内全域のアルコールを提供する飲食店とカラオケ店。期間は8月3~31日の1カ月間。東京都は、対象事業者を4万件程度と見込み、予算規模は80億円を想定している。応じなくても罰則はないが「営業時間は夜10時まで」という要請に協力した中小企業には一律20万円を支給する。

 しかし、はたして飲食店が素直に協力するのかどうか。要請を無視する店が続出するのではないか、とみられている。外食ジャーナリストの中村芳平氏がこう言う。

「いま飲食店からは、小池知事に対して怨嗟の声が噴出しています。4月11日から6月18日まで行われた前回の時短要請には多くの店が協力しています。どうせ店を開いても客は来ないし、世間体を考えて閉店時間を早めた。しかし、2回目の時短要請には応じない店が出てきそうです。夜10時閉店では赤字となり、潰れてしまうからです。補償が20万円では話にならない。それでなくても多くの飲食店は資金が底をつき、追い詰められている。ある居酒屋の店主は“もう世間体を考えていられない”“自粛警察は無視する”と話しています。暖簾は店内にしまうが、常連相手に午前0時まで営業するという店が続出しそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る