元タレント森下千里を自民擁立へ 次期衆院選で宮城5区から

公開日: 更新日:

 次期衆院選の宮城5区で、自民党が元タレントの森下千里氏(39)を擁立するという。宮城県連が現在、空席となっている同区の支部長に森下氏をあてる方針を固め、14日記者会見を開く方向で調整している。8日、読売新聞(電子版)が報じた。

 選挙区の石巻市できのう開かれた同支部の会合で了承された。今後、県連の手続きを経て、月内にも党本部に申請する。

 森下氏は愛知県名古屋市出身。元レースクイーンで、グラビアやバラエティー番組などに出演していたが、2019年末に芸能事務所との契約を解除した。森下氏は東日本大震災からの復興に強い思い入れを持っているという。

 同区で自民党は、立憲民主党安住淳国対委員長に8連敗中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る