渦中の新妻「さっちゃん」を困惑させる週刊誌の実名報道

公開日:  更新日:

 ドン・ファンが死んだ……連日ワイドショーで大々的に報道されているドン・ファン怪死事件。ドン・ファン(野崎幸助氏=享年77)の連載コラムが日刊ゲンダイに掲載される火曜日を楽しみにしていたものである。

「ボクはドン・ファンの秘書兼広報部長やね~」

「そうそう。頑張ってね~」

 そんなふうにやりとりをしながら取材・構成を担当してきた私は、都内の自宅で訃報を聞き、言葉を失った。ドン・ファンは死んでしまったが、本当のドン・ファンを知ってもらうために、ドン・ファンを一番よく知る者として筆を執る。

(ライター・吉田隆)

 ◇  ◇  ◇

 6月6日早朝、渦中の若妻さっちゃん(22)が、羽田空港に現れた。彼女は、6月2日に南紀白浜から羽田空港に飛び、新宿にある自宅マンションの家宅捜索に立ち会っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る