森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

原作にも“縁”がある雄平 ヒットを打つことだけに集中すべし

公開日:  更新日:

 個人的にもグラゼニ的にも、本当にうれしい。

 セの5月度月間MVPにヤクルトの雄平が選ばれた(打率.364、8本塁打、19打点)。02年のドラフト1巡目でヤクルトに入団し、背番号は「16」。ボクが大好きだった石井一久(引退)がメジャー移籍後に番号を引き継いだ。同じ左投手で速いボールがある。石井のような活躍を期待してワクワクしたものだ。

 しかし投手としては1年目に5勝して以降、鳴かず飛ばず。とてつもない身体能力、投手として速い球を投げられるという「天賦の才能」を持ちながら、ストライクを投げられない。しかも、偉大なる後輩のダルビッシュが出てきて、年俸も大きな差がついた(今季年俸はダルビッシュ=約10億円、雄平=1250万円で約80倍)。

 2人とも高校時代はスター。「後輩に追い抜かれて可哀想だね」という人もいたと思う。その気持ちたるや想像がつかない。09年オフに打者に転向し、ダルビッシュがツイッターで「絶対に打つと思います!」と言ったのは、雄平の才能を知っていたからだろう。打者になるのはあと2年は早くてもよかったと思っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る