森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

原作にも“縁”がある雄平 ヒットを打つことだけに集中すべし

公開日: 更新日:

 個人的にもグラゼニ的にも、本当にうれしい。

 セの5月度月間MVPにヤクルトの雄平が選ばれた(打率.364、8本塁打、19打点)。02年のドラフト1巡目でヤクルトに入団し、背番号は「16」。ボクが大好きだった石井一久(引退)がメジャー移籍後に番号を引き継いだ。同じ左投手で速いボールがある。石井のような活躍を期待してワクワクしたものだ。

 しかし投手としては1年目に5勝して以降、鳴かず飛ばず。とてつもない身体能力、投手として速い球を投げられるという「天賦の才能」を持ちながら、ストライクを投げられない。しかも、偉大なる後輩のダルビッシュが出てきて、年俸も大きな差がついた(今季年俸はダルビッシュ=約10億円、雄平=1250万円で約80倍)。

 2人とも高校時代はスター。「後輩に追い抜かれて可哀想だね」という人もいたと思う。その気持ちたるや想像がつかない。09年オフに打者に転向し、ダルビッシュがツイッターで「絶対に打つと思います!」と言ったのは、雄平の才能を知っていたからだろう。打者になるのはあと2年は早くてもよかったと思っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る