日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

待望のパワーヒッターなるか…阪神ドラ3江越が抱える“古傷”

「打撃は粗削りなぐらいでいいよ。こぢんまりせずにね」

 沖縄の宜野座でキャンプを行う阪神の和田監督が、こう言ってニンマリしている。ドラフト3位ルーキーの江越大賀(21=駒大)に関してだ。

 13日は韓国で4年連続リーグ優勝のサムスンとの練習試合。「1番・中堅」でスタメン出場した江越は5打数4安打1打点。五回無死一、三塁の3打席目に左前適時打を放つなど、若手主体で臨んだメンバーの中で存在をアピールした。
 9日にはシート打撃で一発。あの江夏豊臨時コーチがホメた5年目の左腕・島本のストレートをとらえ、ライナーで左中間スタンドに放り込んで首脳陣を喜々とさせたばかりだ。

「すべてに課題はあると思うので、少しでも一軍レベルに近づけるようにやっていきたい。きょうの結果、内容はまあまあ良かったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事