オフに勃発確実 巨人vs阪神「DeNAバルディリス争奪戦」

公開日: 更新日:

「オフには争奪戦になるでしょうね」

 球界関係者がこう言うのは、DeNAのバルディリス(32)のことだ。

 来日8年目を迎えるベネズエラ出身のバルディリスは今季、打率.289、9本塁打、40打点。勝負強い打撃に加えて、守備でもチームに貢献。昨季の三塁手としての守備率.973はリーグトップで今季も3失策。球際に強く、攻守で存在感を見せている。そんな優良助っ人は今季で2年契約が満了する。順調にいけば来年中にFA権を取得し、翌シーズンから外国人枠が外れて「日本人扱い」になる。家族も日本で暮らしており、長く日本でプレーしたい意向があるそうだ。年俸は7500万円+出来高と格安で、よりよい待遇を求めるのは出稼ぎ助っ人なら当然のこと。複数の球団が、DeNAと来季以降の契約を更新するかどうか、注目しているという。

巨人は三塁手を取りにいく可能性がある。バルも候補に入るだろう」とは、前出の関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る