SB松田に来季年俸“爆騰”の可能性 水面下で早くも駆け引き

公開日:  更新日:

 12日のロッテ戦に大勝したソフトバンク・松田宣浩(32)の来季年俸が、爆発的に跳ね上がる可能性があるという。

 松田は先月中旬に海外FA権を取得。その際本人は「(FA権取得は)長く使ってもらっているおかげ。(行使するかしないかは)シーズンが終わってから」と話したものの、過去3年で2度の打率3割以上に加え、今季も12日時点で打率.305、21本塁打、59打点と好調。13年オフにチームと結んだ2年契約も今オフで終了することから、他球団が水面下で獲得調査を行っているのだ。

 松田にはメジャー志向がなく、現チームの居心地も悪くない。夫人も福岡出身ということから、残留は確実とみられている。来季以降は現在の2億2000万円+出来高から年3億ベースの複数年契約での残留が濃厚だ。

 しかし、ある球界関係者は「中日の動き次第では契約内容はかなり違うものになるかもしれません」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る