SB松田に来季年俸“爆騰”の可能性 水面下で早くも駆け引き

公開日:  更新日:

 12日のロッテ戦に大勝したソフトバンク・松田宣浩(32)の来季年俸が、爆発的に跳ね上がる可能性があるという。

 松田は先月中旬に海外FA権を取得。その際本人は「(FA権取得は)長く使ってもらっているおかげ。(行使するかしないかは)シーズンが終わってから」と話したものの、過去3年で2度の打率3割以上に加え、今季も12日時点で打率.305、21本塁打、59打点と好調。13年オフにチームと結んだ2年契約も今オフで終了することから、他球団が水面下で獲得調査を行っているのだ。

 松田にはメジャー志向がなく、現チームの居心地も悪くない。夫人も福岡出身ということから、残留は確実とみられている。来季以降は現在の2億2000万円+出来高から年3億ベースの複数年契約での残留が濃厚だ。

 しかし、ある球界関係者は「中日の動き次第では契約内容はかなり違うものになるかもしれません」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る