SB松田に来季年俸“爆騰”の可能性 水面下で早くも駆け引き

公開日: 更新日:

 12日のロッテ戦に大勝したソフトバンク松田宣浩(32)の来季年俸が、爆発的に跳ね上がる可能性があるという。

 松田は先月中旬に海外FA権を取得。その際本人は「(FA権取得は)長く使ってもらっているおかげ。(行使するかしないかは)シーズンが終わってから」と話したものの、過去3年で2度の打率3割以上に加え、今季も12日時点で打率.305、21本塁打、59打点と好調。13年オフにチームと結んだ2年契約も今オフで終了することから、他球団が水面下で獲得調査を行っているのだ。

 松田にはメジャー志向がなく、現チームの居心地も悪くない。夫人も福岡出身ということから、残留は確実とみられている。来季以降は現在の2億2000万円+出来高から年3億ベースの複数年契約での残留が濃厚だ。

 しかし、ある球界関係者は「中日の動き次第では契約内容はかなり違うものになるかもしれません」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る