• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また広島戦で大仕事 中日・藤井に他球団スカウトが熱視線

 12日、最下位の中日が引き分け目前の延長十二回2死走者なしから、劇的なサヨナラ本塁打で勝利。ヒーローは10年目の藤井淳志(34)である。

 2ボール後の内角寄りのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドに吸い込まれた。

「なんとかしたかった」

 両手を大きく広げてダイヤモンドを一周した藤井が満面に笑みを浮かべてそう話すと、谷繁監督も「まさか本塁打とは……ね。面白いことをやってくれた」と本人以上に興奮気味だった。

 この藤井、なぜか広島戦で大仕事をやってのける。五回までに5点をリードされた5月20日の試合でも七回に逆転の3ラン。昨年も8月にサヨナラ本塁打を放っている。いずれも地元豊橋での一発に、この日のお立ち台では、「豊橋以外でも打ちます!!」と絶叫していたが、その野球センスは誰もが認めるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る