日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また広島戦で大仕事 中日・藤井に他球団スカウトが熱視線

 12日、最下位の中日が引き分け目前の延長十二回2死走者なしから、劇的なサヨナラ本塁打で勝利。ヒーローは10年目の藤井淳志(34)である。

 2ボール後の内角寄りのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドに吸い込まれた。

「なんとかしたかった」

 両手を大きく広げてダイヤモンドを一周した藤井が満面に笑みを浮かべてそう話すと、谷繁監督も「まさか本塁打とは……ね。面白いことをやってくれた」と本人以上に興奮気味だった。

 この藤井、なぜか広島戦で大仕事をやってのける。五回までに5点をリードされた5月20日の試合でも七回に逆転の3ラン。昨年も8月にサヨナラ本塁打を放っている。いずれも地元豊橋での一発に、この日のお立ち台では、「豊橋以外でも打ちます!!」と絶叫していたが、その野球センスは誰もが認めるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事