また広島戦で大仕事 中日・藤井に他球団スカウトが熱視線

公開日: 更新日:

 12日、最下位の中日が引き分け目前の延長十二回2死走者なしから、劇的なサヨナラ本塁打で勝利。ヒーローは10年目の藤井淳志(34)である。

 2ボール後の内角寄りのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドに吸い込まれた。

「なんとかしたかった」

 両手を大きく広げてダイヤモンドを一周した藤井が満面に笑みを浮かべてそう話すと、谷繁監督も「まさか本塁打とは……ね。面白いことをやってくれた」と本人以上に興奮気味だった。

 この藤井、なぜか広島戦で大仕事をやってのける。五回までに5点をリードされた5月20日の試合でも七回に逆転の3ラン。昨年も8月にサヨナラ本塁打を放っている。いずれも地元豊橋での一発に、この日のお立ち台では、「豊橋以外でも打ちます!!」と絶叫していたが、その野球センスは誰もが認めるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

もっと見る