• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「故障を利用」の声も 県岐阜商・高橋純平にスカウト疑心暗鬼

 試合後、スタンドのあちこちからタメ息がもれた。

 12日、大垣市北公園野球場で行われた岐阜県大会3回戦。県岐阜商-関商工戦のネット裏にはプロ球団のスカウトが押し寄せたが、またしても空振りに終わった。今ドラフトの目玉右腕・高橋純平が、初戦の2回戦に続いて、この日もマウンドに上がらなかったからだ。

「全体的にフォームが崩れているので、バランスを修正して、次は投げられるようにしたい」

 試合後の本人がこう言えば、指揮を執る小川監督は、「調子が良くない。ムリをさせられない状況なので」と話した。

 しかし、高橋を含む3年生部員にとっては、負ければその時点で高校生活最後の大会が終わってしまう一発勝負。チームのエースが「フォームの崩れ」や「調子」の良しあしだけで、登板を見送るとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る