ダル復帰は来年5月有力 “ノースロー”リハビリで視界良好

公開日:  更新日:

 右肘のトミー・ジョン手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)のリハビリが順調だ。

 ジョン・ダニエルズGMが9日(日本時間10日)に明らかにしたところによれば、予定通り来年5月半ばにはメジャーに復帰できる見込み。現在、本拠地のあるテキサス州アーリントンで汗を流しているダルは近日中に日本へ帰国予定。日本滞在中の6~7週間はノースロー調整を行い、投球練習再開は来年1月の再渡米後になるという。

 最近、同手術を受けた投手がノースローでリハビリを行うケースは珍しくない。肘を休めることもリハビリになるとみられているからだ。そうやってノースローを取り入れたり、1年半といわれるリハビリ期間を2年に延ばしたりすることによって、手術前より投球が安定することもある。

 今季13勝(8敗)をマークしてワールドシリーズ進出に貢献したメッツのマット・ハービー(26)は、一昨年10月にトミー・ジョン手術を受けた。18カ月に及んだリハビリ期間中、投球練習を再開してから2カ月近くマウンドを離れた時期もあったそうだ。ハービーは「球を投げない期間が長かったことが良かった」と振り返っている。

 術後の経過には個人差があるとはいえ、来季のダルは万全な状態でマウンドに戻れる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る