ファンともケンカ上等 ダルの“新ボス”ブロケイル氏って?

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ有(29)の新しいボスが決まった。

 レンジャーズは5日(日本時間6日)、今季限りで退任したマイク・マダックス投手コーチの後釜に、11年から13年までアストロズの投手コーチだったダグ・ブロケイル氏(48)の就任を発表した。

 00年にはタイガースで野茂英雄と同僚だった同氏は、現役時代から血気盛んなことで知られる。試合中にスタンドのファンと口論するのも珍しくなかった。レンジャーズでプレーしていた04年には敵地のファンのヤジに激高。ブルペンのフェンス越しに、観客と掴み合いを演じた。加勢した同僚のフランシスコがスタンドに投げ入れた折り畳みイスが女性客の顔面を直撃。顔が切れ、鼻の骨を折る重傷を負わせた。フランシスコは暴行容疑で逮捕され、ブロケイルは7試合の出場停止処分を食らった。

 自軍の投手は守らなければならないという意識が強いのだろう。アストロズのコーチ時代にはKOされてベンチに引き揚げる投手に汚いヤジが飛ぶと、本人に代わってベンチを飛び出し、客とやり合ったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る