ファンともケンカ上等 ダルの“新ボス”ブロケイル氏って?

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ有(29)の新しいボスが決まった。

 レンジャーズは5日(日本時間6日)、今季限りで退任したマイク・マダックス投手コーチの後釜に、11年から13年までアストロズの投手コーチだったダグ・ブロケイル氏(48)の就任を発表した。

 00年にはタイガースで野茂英雄と同僚だった同氏は、現役時代から血気盛んなことで知られる。試合中にスタンドのファンと口論するのも珍しくなかった。レンジャーズでプレーしていた04年には敵地のファンのヤジに激高。ブルペンのフェンス越しに、観客と掴み合いを演じた。加勢した同僚のフランシスコがスタンドに投げ入れた折り畳みイスが女性客の顔面を直撃。顔が切れ、鼻の骨を折る重傷を負わせた。フランシスコは暴行容疑で逮捕され、ブロケイルは7試合の出場停止処分を食らった。

 自軍の投手は守らなければならないという意識が強いのだろう。アストロズのコーチ時代にはKOされてベンチに引き揚げる投手に汚いヤジが飛ぶと、本人に代わってベンチを飛び出し、客とやり合ったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る