実弟「野球賭博」で逮捕の波紋 ダルにもMLBの調査入る可能性

公開日:  更新日:

「平成の黒い霧事件」はどこまで広がるのか――。「野球賭博」で大揺れの球界。巨人に続いて浮上した“超大物”の現役日本人メジャーリーガーの名前に、球界に激震が走っている。米大リーグ・レンジャーズの「ダルビッシュ有」。弟で自営業のダルビッシュ翔容疑者(26)が、賭博開帳図利容疑で大阪府警に逮捕されたからだ。

 一緒に捕まったのは、鉄骨工田中凌(23)と韓国籍の無職宋尚哉(29)の両容疑者。翔容疑者と田中容疑者は共謀し、5月12~18日に行われた米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合の勝敗について、胴元として客から計約1850万円の賭けの申し込みを受けたほか、同じ34試合について、今度は宋容疑者を胴元にして、田中らと計約1900万円の賭けを申し込んだ疑い。対象となった試合には、レンジャーズ戦も1試合含まれていた。

 翔容疑者らは自宅などで、無料通信アプリLINEを使って賭博のやりとりをしたり、賭け金の取りまとめをしたりしていたという。巨人の3投手のケースよりもタチが悪いのは、翔容疑者は「客」だけでなく、「胴元」も務めていたことだ。胴元は「寺銭」と呼ばれる手数料として賭け金総額の1割を受け取っていたといい、大阪府警は翔らが賭博で得た利益が暴力団などに流れた可能性もあるとみて調べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る