実弟「野球賭博」で逮捕の波紋 ダルにもMLBの調査入る可能性

公開日: 更新日:

「平成の黒い霧事件」はどこまで広がるのか――。「野球賭博」で大揺れの球界。巨人に続いて浮上した“超大物”の現役日本人メジャーリーガーの名前に、球界に激震が走っている。米大リーグ・レンジャーズの「ダルビッシュ有」。弟で自営業のダルビッシュ翔容疑者(26)が、賭博開帳図利容疑で大阪府警に逮捕されたからだ。

 一緒に捕まったのは、鉄骨工田中凌(23)と韓国籍の無職宋尚哉(29)の両容疑者。翔容疑者と田中容疑者は共謀し、5月12~18日に行われた米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合の勝敗について、胴元として客から計約1850万円の賭けの申し込みを受けたほか、同じ34試合について、今度は宋容疑者を胴元にして、田中らと計約1900万円の賭けを申し込んだ疑い。対象となった試合には、レンジャーズ戦も1試合含まれていた。

 翔容疑者らは自宅などで、無料通信アプリLINEを使って賭博のやりとりをしたり、賭け金の取りまとめをしたりしていたという。巨人の3投手のケースよりもタチが悪いのは、翔容疑者は「客」だけでなく、「胴元」も務めていたことだ。胴元は「寺銭」と呼ばれる手数料として賭け金総額の1割を受け取っていたといい、大阪府警は翔らが賭博で得た利益が暴力団などに流れた可能性もあるとみて調べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る