右肘手術から復活目指すダルに試練 “恩人”兄弟が揃って退団

公開日:  更新日:

 まさに踏んだり蹴ったりだ。

 実弟の翔(26)が賭博開帳図利の疑いで逮捕されたレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。言動に注目が集まる中、30日には自身のツイッターを更新したが、実弟に関しては何も触れなかった。

 チームは29日(日本時間30日)、投手コーチのマイク、GM補佐を務めたグレッグのマダックス兄弟の退団を発表した。ダルにとってマダックス兄弟は12年に入団してから「恩人」だった。不調に陥った際には、マイク投手コーチはもちろん、通算355勝を挙げたグレッグGM補佐の2人が投球フォームの乱れを指摘。調子のバロメーターになっていた。

 移籍1年目には、こんなこともあった。7月から8月にかけて3戦連続で勝ち星から遠ざかったダルは、マダックス兄弟からの助言でマウンド上でのスムーズな体重移動を心掛けた結果、球威がアップ。8月12日のタイガース戦では強力打線を相手に七回途中まで6安打3失点に抑えて約3週間ぶりの白星を手にした。マダックス兄弟による的を射るアドバイスもあり、この年は16勝(9敗)を挙げてルーキーイヤーを終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る