塩谷育代
著者のコラム一覧
塩谷育代プロゴルファー

1962年、愛知県名古屋市出身。高校卒業後にゴルフ練習場に入り、松井利樹プロの指導で82年にプロテスト合格。89年のヤクルトミルミルレディースで初優勝。92年、95年と2度賞金女王に輝く。ツアー通算20勝。93年オフに結婚。ママさんプレーヤーとしても活躍し、産休後にツアー復帰して優勝も飾った。2児の母親であり、レギュラー引退後はテレビ解説で活躍。若手プロやジュニア育成にも力を入れている。

鈴木愛 気迫を前面に押し出す“勝負度胸”はピカイチ

公開日: 更新日:
プレースタイルは玄人好み(C)日刊ゲンダイ

 鈴木愛(22)がプロ2年目にレギュラー大会で上位争いに絡んでテレビに映り始めたころ、ミスした時やチャンスを決められなかった時に心底ガッカリする様子に「態度がふてぶてしい」とメディアから批判されたのを覚えています。

 ゴルフは個人競技であり、ツアー会…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る