シニアGPデビュー本田真凜 “ぶっつけ本番”で10位出遅れ

公開日:  更新日:

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(レジャイナ)が26日(日本時間27日)に開幕。

 GPシリーズデビューとなった本田真凜(16)は女子ショートプログラム(SP)で52.60点の10位。初日は出遅れた。

 今大会は高得点を狙って、昨年の世界ジュニア選手権から演技構成を変更。冒頭にルッツ―トーループの3回転ジャンプ、後半は3回転フリップ、ダブルアクセルを取り入れた。いずれも昨季の構成より高い難度だ。

 今季開幕直前の8月下旬には突然、「すてきな音楽に出合った」とSPで使用する曲を「ザ・ギビング」に変更。振り付けも変え、今大会に向けて急ごしらえで新しい演技の習得に励んできた本田は「いつも試合では、ぶっつけで構成が違うので自分でも(成功するか)分からない」と不安を隠さなかった。

 出たとこ勝負で臨んだシニアGPの大舞台。世界のトップスケーターを相手に、安定した滑りを披露できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る