シニアGPデビュー本田真凜 “ぶっつけ本番”で10位出遅れ

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(レジャイナ)が26日(日本時間27日)に開幕。

 GPシリーズデビューとなった本田真凜(16)は女子ショートプログラム(SP)で52.60点の10位。初日は出遅れた。

 今大会は高得点を狙って、昨年の世界ジュニア選手権から演技構成を変更。冒頭にルッツ―トーループの3回転ジャンプ、後半は3回転フリップ、ダブルアクセルを取り入れた。いずれも昨季の構成より高い難度だ。

 今季開幕直前の8月下旬には突然、「すてきな音楽に出合った」とSPで使用する曲を「ザ・ギビング」に変更。振り付けも変え、今大会に向けて急ごしらえで新しい演技の習得に励んできた本田は「いつも試合では、ぶっつけで構成が違うので自分でも(成功するか)分からない」と不安を隠さなかった。

 出たとこ勝負で臨んだシニアGPの大舞台。世界のトップスケーターを相手に、安定した滑りを披露できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る