• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲大騒ぎ…本田真凜に「ポスト真央」の称号はまだ早い

 真価が問われるのはこれからだ。

 7日に行われるフィギュアスケートのジャパン・オープン。6日の前日練習後に、次代のエースと期待の高い本田真凜(16)が、美しい旋律のピアノ曲「ザ・ギビング」を使用する新SPを初披露した。今季からシニアに転向した本田は、愛らしいルックスとジュニア世界女王という実績もあり、マスコミは「ポスト真央」と大騒ぎだ。

 もっとも、フィギュア関係者に言わせれば、「有能なコーチを雇うカネが親にあり、子供が過酷な練習や減量に耐えることができれば、ジュニアで結果を出すのは難しくない。浅田や安藤の同時期に比べれば、本田はまだまだ及ばない」と、もっぱら。

 真央の後継者と呼ぶのは、シニアで活躍してからでも遅くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る