初ロマンス報道にも揺るがず 浅田真央“純潔キャラ”の強み

公開日:

 19日、都内で行われた「脱・睡眠負債」のシンポジウムに、フィギュアスケーターの浅田真央(27)が登壇。パネルディスカッションに参加し、自身は寝つきがよく、睡眠の3時間前には食事はしないなど、選手時代と変わらない睡眠優等生であることを語った。

 浅田といえば、17日に元フィギュア選手で日本在住フランス人モデルのロマ・トニオロ(27)とパリのルーブル美術館でデートをしている様子を写真誌で報じられたばかり。

 翌日のイベントでは4人グループで行った、友達のひとりと弁明していたが、ディスカッションで寝る前のスマホが良くないという話題が出ると「私も気がついたら30分とか、1時間スマホを使っています」と明かし、“彼とのSNS”を想起させた。国民的ヒロインである真央ちゃんに金髪の“悪い虫”がついたとなればオジサンたちは気が気でないが、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る